2012年1月9日月曜日

珈琲とカレーのお店、「望雁」(モーガン)さんを見つけました。

ちょいと暇してる3連休中日。
せっかくなので、琵琶湖を回ってみようじゃありませんか。
ほら、草津では雪が見られませんが、湖北は雪あるはず!

そして、ぼぉーっと湖北の高島はマキノ町を回っていると・・・。

以前から職場でまことしやかな噂では聞いていたお店。
珈琲とカレーのお店、「望雁」(モーガン)さんを見つけました。

おぉ・・・
コレガ噂の・・・「望雁」(モーガン)さんか、時間はちょうど昼過ぎ・・・
昼飯食うにはちょうどいいよね、
早速入ってみましょうか。

まず外観だけど・・・インパクトあるなぁ・・・。
てか、本当にお店?
なんか出来てから数年放置してあるログハウスみたい・・・。
大丈夫か・・・?

いや、コレも近づいてみると、意外と味のある建物だ。
入り口はこんなんです。
外観の雑然とした感じが、近づくと意外とちゃんとしているのに気づく。
すいません、壊れたログハウスとか言ってしまって・・・。

んー・・・?
いきなり結構な段差が3段。
ここは、車椅子の人ではちょっと無理かな?
あと、「営業中」の看板がデカイ気もしますが・・・。
ココまで来て帰るわけにも行かないし、とにかく入ってみましょう。


おおぉ・・・見てよ。
もう、純喫茶だよ。
茶色いソファに同系色の木のテーブル。
時計はとてもレガシィ。
まだ動くのか?と思うほどの骨董品。
動くのかどうか、ママ(?)に聞いてみたところ、 毎朝餌をやって機嫌をてらないとダメらしい。
(餌ってゼンマイを巻くん事だって)
それでも動いてるからすごい!
↑これは天井。
天井にもところ狭しと写真や車のポスターが貼ってあります。
よく見ると、車のポスターがなにげに目に付く。
ん??
なんだ、この壁に貼ってるファンタジーな絵は?
あぁ・・・なるほど、なんかこのお店、こんな感じするわ。
なんかわかるような気がしてきた。
(勘違いかもしれんが。)

そして、注目!

この、マジもんの暖炉が暖かい。
てか、なんで暖炉の暖かさってこんなに優しいんだろう?
エアコンとかとは違う、熱いんだけど、柔らかい熱だ。

そして、おじいちゃんが火の世話をしている。
ヒバザミデ中の木をかき回し、竹筒で吹いて火を煽ってる。
まじでこんなんはじめてみた。
夏もイイけど冬に行くと味がある。
その暖炉の上で沸かしているお湯でコーヒーを淹れてるみたい。
すげぇ感じいい。

このお店の雰囲気に感じ入りながら、カレー珈琲セットを注文する。
余談だが、珈琲の表記も・・・
ブレンドじゃないんだよ、ヴレンドだ・・・
ヴレンド珈琲だった・・・コレまたすげぇ。

そしてまずカレーがやってくる。
 カレーは、何でいうか和風?
古き良きスタンダードな和風カレー。
気をてらった要素は皆無。
モチロン辛過ぎず、甘過ぎず。
良い意味でお家のカレーだ。
いろんな野菜をたっぷり煮込んである、ドロドロカレー。
あー・・・昔食った家のカレー(しかも2日目)を思い出す。
そんなんだから神漬けやらっきょうがめちゃ合います。
てか、最近のカレー屋さんでらっきょう出てくる店減ったよなぁ・・。

そして食べ終わったあとぐらいに、珈琲がやってくる。
ブレンドはヴレンドだ。
コーヒーはサイホンで落としている。
香りはスモーキー。
味は酸味抑えめ、比較的アッサリ系だ。
うん、コレならカレーの後味を壊さないよね。
ただ、単体で飲んだらちょっと薄めかも・・・。
ま、ヴレンド珈琲だからね!(意味不明)

そして、珈琲飲みながらマッタリする。
実際に見せから見える風景じゃないよ。近場だよ。

外は雪景色。
人通り、車通り、共に少なく、静かで落ち着く。

ヤバイ、まだ日本にこんな喫茶店あったんだ。
こいつぁ・・穴場だ。
隠れ家的喫茶店だ。
じんわりとのどかさが染みる今日この頃・・・

ちなみに、お店の名前の由来は、車のモーガンから取ったそうだ。
ただ、横文字が嫌いで漢字を当てたのだとか。
ママ(?)は笑いながら「意味はないよ」と言っていたが、どうだろう?

雁を望む・・・
そんな風景にも見えなくはなかった。


場所は湖北、琵琶湖のすぐそば。
かなりオススメなお店です。
湖北に立ち寄った際は、一度覗いて見ることをお勧めします。
ただ、慌てて飯を食べるお店ではないので、ゆっくりと時間がある時がいいかな?


店名 望雁(MORGAN、モーガン)
喫茶店、カレー&珈琲ノお店
TEL 0740-27-1569
住所 滋賀県高島市マキノ町中庄28-22
営業時間 9~18時 定休日 火曜


大きな地図で見る

0 件のコメント: