2014年7月14日月曜日

「脱法ドラッグ」に代わる新名称募集へ 「危険な薬物との意味込めたい」厚労相・・・ってか。

「脱法ドラッグ」に代わる新名称募集へ 
「危険な薬物との意味込めたい」厚労相

はぁ・・・そうなんですか?
脱法ドラッグじゃダメなんですか?

要は、「脱法ドラッグ」ってネーミングじゃ危機感がいまいち伝わらないとか、ちょっとカッコ良い響きがあるとか、そういう事からですかね?

正直言ってネーミングなんてどうでもいいような気がする。
てか、どうすれば危険な薬物との意味が込められるのでしょう?

ちなみに正式な要件があるらしく・・・
新名称の要件は(1)危険性の高い薬物である、(2)幅広い世代が理解できる、(3)「ハーブ」という名称は特に誤解を招くので原則使わない、(4)公序良俗に反しない、の4点。
はいはい、そうなんだ。
これらを踏まえて、7月5日から7月18日まで募集しとるんだとか。
どこで?
ここで。
はいそうですか。
じゃぁオレも何か応募するかね?

んー・・・
アレですね・・・単にキケンっぽいネーミングはダメですよね。
ダイレクトに「デンジャードラッグ」とかね。
ひねりも何もない。
もうバカかと・・・わかっとると。
こんな身も蓋もないのはボツ。

で・・・
じゃぁ・・
あぁ・・・何も思い浮かばない?
ニュースとか新聞で「脱法ドラッグ」の代わりに連呼されるんだろ。
難しいなぁ。

「冷たいやつ」
・・・うーん・・・あまり理解できない。
やつってなんよ・・・ってな。

「冷たいASKA」
・・・おや、シャブになってしまった。
だいたい広い世代に普及しない・・・

「不健康草」
洒落じゃない

「ハードラッグ」(ハードとドラッグをハードラック的にかけてみた)
特攻の拓を見ながら・・・
全然意図が伝わらない・・・てか意図が無い

・・・

・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・

わからーん!!!
オレに尋ねるな!
利休にたずねよ!!!
オレってネーミングセンスないし!

こう言うのは小林製薬につけさせりゃぁいいんですよ。
「バカニナール」とかさ、「アフォズラット・ゴールド」とか、「薬草・バッカモン」とかやってくれそうじゃないですか。
もう民間に任せないで、企業にお金払って頼むほうが健全だと思うよ。

まぁ、オレ的にはどうでもいいや。
だれか、応募してみてくださいな。
で・・・どうなるか・・・わかりませんけどね。

0 件のコメント: