2017年11月15日水曜日

「Biz SCORE Basic」受けたった!

今日「Biz SCORE Basic」というビジネス基礎力診断テストを受けた。
ビジネスマンとしての能力を査定してくれるらしい。
120問の問題を時間内に答えていく形式なんだけどさ。
下記のようなカテゴリで診断されるみたい。

・Business Knowledge(ビジネス知識)
・Planning & Control(計画と管理)
・Communication(コミュニケーション)
・Thinking(考え方)

これらのカテゴリーを同職種、同年代の人たちの平均と比べるらしい・・・

大変だよ・・・オレにこんな御大層な知識があると思えないけど・・・
まぁ、会社の指示だしね、仕方ないよ。

んで、いつもより早起きして、スーツ着こんで、家を出て。
そして試験会場に到着。

試験を受けたわけだが・・・

もう・・・
吐きそうなぐらい難しかった。
なんつーか、今日初めて見るぐらいの日本語が山のように出てくるんだ。
質問の意味すらよく分からない。
んで、答えは4択なんだけど、選択しも意味が・・・わからん・・・
なので答えようがないんだけど、それでもやるしかない。

時間は90分。
始まる前は、長いなぁ・・・めんどいなぁ・・・と思っていたけど、いざ始まったら全然。
全然時間が足りない。
もう途中から、問題読まずに(どうせ読めないんだけど)答えだけ読んで雰囲気で答えていたんだよ。
そんだけぶっ飛ばして終わったのが

で・・・あれすごいね、すぐ結果来るんだね。
テスト会場から職場に戻ったら、もう結果がメールで届いていたよ。

そして結果だが・・・
てか、良いか悪いかわからん。
スコアは書いてあったけど、平均値的にどうなんだろう?


とりあえず、ビジネス知識はまぁまぁ平均以上だった。
計画と管理は・・・オレに計画性なんかあるわけない!!!!
コミュニケーションはまぁまぁだった、中でも口頭伝達と関係構築は最高点だった。ようはお調子者なんだね。
考え方・・・課題設定がボロボロだった・・・情報収集は良かったけど・・・

なんだかなぁ・・・
とにかく限界まで頭脳をぶん回してこの程度・・・だめだなぁ・・・

ま、弱点もわかったことだし、もうちょい勉強しようかね。

2017年11月13日月曜日

iPhoneXを2日ほど使ってみた感想

iPhoneXを2日ほど使ってみた感想なんだが。

FaceIDは言うほどめんどくさくない。
認識精度は、まぁまぁ・・・悪くないと思う。
普通にやってて認識されなかったことはあまりない。
夜の野外、暗い時でも認識されたし、眼鏡しててもOKだった。(設定時は眼鏡していなかった。)
驚いたのがヘルメットをかぶった状態でも認識できたことだ。
タイプで言うと、「ジェットヘルメット」タイプかな?
なんか認識できてしまった。
極端な角度がついたら認識されなかったかな?
顔正面から70度ぐらいズレたら認識しないことが多い、やっぱ正面近くじゃないとだめなのかな?

あと、FaceIDではロックが外れるだけで、スワイプしてホーム画面を呼び出さないといけない。
感じとしては、iPhoneX見てスワイプしたら自然にホーム画面に行く感じだ。
だからか・・・指紋認証よりホーム画面を呼び出している感があって自然なんだが・・・
世間では評判悪いね・・・

あと、画面のきれいさ。
もうオレの乱視眼ではよくわからん、iPhone6SPlusと比べているわけだが、多少Xの方がシャキッとしている感じはあるが、まぁ・・・そこまで・・・変わるか?
まだ有機ELのディスプレイをフル活用するアプリがないんだろうな。

ディスプレイのM字の部分?
別に違和感ないなぁ・・・
既存のアプリはあそこまで使わないしね。
こちらもまだ、あの部分に言及するアプリがないんだろうね。


ここまで、総じて嫌な部分を書いていないが・・・
嫌な部分もある。

まず絶対的に気になるのが、マナーモードなどで使うバイブが弱い。
鳴ってるかどうかわからん!
アレか?全体的にガラスが多いから、バイブ控えめなのか?
迷惑なんですけど。

今のところ嫌なところソレぐらいかなぁ・・・
特に不便さは感じていない。
むしろ、写真が綺麗で嬉しい限りだ。

さぁ・・・もうちょいガンバって使ってみるか。

2017年11月12日日曜日

iPhone X買った。

ついに来た!
iPhone X スペースグレイ 256GB。

どうやら品薄っていう話は嘘っぽい。
嘘とまでは言い切らないけど、ヨドバシの店員に言わすと、前評判ほど品薄ではなく、思ったより多くの商品が入荷されているらしい。

まぁ・・・いいか。

で、今スマホ引っ越し中。
旧iPhoneでバックアップを取って、復元すればいいんだが、それだとゴミも一緒にくっついてくるので、Xを一から設定しているんだ。
まぁ、一から・・・って言ってもクラウド経由でアドレス帳とかは引っ張ってきているので、まぁ・・・ね。
それでもアプリ単位で見ると、なかなかめんどくさいわけだが。

とりあえず、30分ほど使ってみた感想。

写真はきれい。
だが、検証は後日。

FACE ID。
普通。
オレ的には指紋認証とさほど変わらない。

体感速度。
うーん・・・
てか、iPhone6Sで不満はほぼなかったので、体感が早くなったかどうか・・・わからない。
が、ストレスは皆無。
つまり、6Sはすごいって話ですね。

さぁ・・・しばらく忙しいぞ、と。
仕事と仕事っぽいやつがね。
いろいろあって、フリーになる時間がしばらく無い。
身体が・・・持つか・・・心配だが、まぁやるしか無いのでガンバりますわ。

では。

2017年11月10日金曜日

二条城「アートアクアリウム」行ったった!

豪華絢爛!金魚が織りなす水族アートによる壮大な宴の世界!!!!

という謳い文句のアートアクアリウム。

時々やってるよね・・・年に一回ぐらい。
ちょっと気になったから行ってみたのさ。

で、やってきたした二条城。
白い壁・・・真っ白い・・・
すでにライトアップがきれいなのだよ。

そして中に入る。
入場料・・・今日は1500円だ。
高いか安いか・・・

おぉ・・・

色んな形の水槽、そして雅な色に輝く水、金魚・・・
なんか、驚くね・・・水槽ってこんな感じだったっけ?
中の金魚がフワフワと舞っている・・・コレは・・・綺麗だわ・・・

しばらく眺めて先に進むと・・・

おぉ、密閉タイプだけではなく、オープンタイプの水槽(?)もあるのか。
「九谷金魚品評」
コレはコレで・・・
白と金魚のコントラストがキレイだなぁ。

そして、写真じゃわかりにくいけどデッカイ水槽現る!!
見上げるわけだが・・・圧巻だ・・・

それが複数あるのだ・・・なかなかの見応え・・・

下の写真は同じ水槽だけど、ライトカラーが変わるとコレほど雰囲気が変わるんだ・・・
すげぇ・・・
ちなみに作品名は「超・花魁」だそうだ・・・西日本初だって・・・

他にも・・・いろんなタイプの水槽にいろんな金魚が・・・飾られている??


襖タイプ。
 「大政奉還屏風絵図」だそうだ・・・

裏からLEDのライトで照らされて空をとぶように舞う金魚。
背景もいろんな色、デザインに変わるので見ていて飽きない。
幻想的でキレイだわ・・・

そして・・・
「水戯」
まさに、大きな水槽が舞台となっている。
これは・・・舞踊とかわからないオレでも見とれてしまうほどさ・・・
なんかすげぇ・・・

あぁ・・・すごかった・・・
夜の暗闇に浮かぶ水槽、そこで舞い踊る金魚たち・・・
そりゃ綺麗だろ・・・
ボリュームも結構あり、見ごたえも良い感じだった。

もう一回ぐらい・・・いこうかな・・・
すごいよな、ほんとに・・・

2017年11月8日水曜日

iPhoneX 昨日と変わらんわぁ・・・

今日の進捗

「10/27(金)16:06までにご予約いただいたお客様」

今日もこんなもんさ・・・

全然進んでないのさ・・・

つーか、もう容量がない・・・

今日も写真撮りまくったからなぁ。

せめて・・・11月中に・・・無理かな?

2017年11月7日火曜日

すげ!2分進んだよ!!

ヨドバシのiPhoneXお渡し状況。


auのスペースグレイ、256GB。
「10/27(金)16:06までにご予約いただいたお客様」

って・・・昨日が16:04までだから2分ぶんしか進んでないじゃないか!!!

イミフーーーーー!!!!

いや、このまま毎日2分ずつ進んだら、2時間後に注文した人ですら、お渡し2か月後?

まぁ、そんなことはないんだろうけど・・・

しかしすげぇなぁ・・・iPhoneX、聞くところによるとかなり売れてるらしいけど。

いつ手に入るのかなぁ・・・

2017年11月6日月曜日

しばらくグダグダすると思う

グダグダ・・・
まだiPhone X届かない・・・

って言うか、全然無理ぽい。


まぁ、オレも256GBを選んだからね・・・それが悪いんだけど。

docomoも、auも、ソフトバンクも何なんだ!っつーぐらいお渡し状況が芳しくない。
例えば、一番やばいのがauのスペースグレイの256GB。

「10/27(金)16:04までにご予約いただいかお客様」

いやいや、予約開始が27日の16:00じゃないですか。
たった4分?
どんだけ??

いやぁ・・・まぁ・・・もう・・・年内に来る気がしないね。
別に・・・分かってたし、いいけどね。

はぁ・・・今のiPhone、そろそろ容量がヤバイんだよなぁ・・・
次は年末年始に写真とか動画とか撮りまくるし・・・
その時までには新しいのに変わっていてほしいなぁ。

いつくるんだろ・・・

2017年11月3日金曜日

iPhone X やっぱり届かない・・・

iPhone X やっぱり届かない・・・

発売日なのに・・・

いいんだ・・・11月は諦めているさ。
きっと12月さ。
12月の中旬までには届くさ。

いいのさ・・・
それだけさ・・・

2017年11月2日木曜日

iPhoneX発売まであと1日

今が2017年、11月2日。

だから、明日3日がiPhoneXの発売日だ。

なんとも色々あって、今までのiPhoneの発売の中で一番盛り下がってるんじゃないかね。

iPhoneX・・・なんだか中途半端なスペックだしなぁ。

まぁ、10周年のアニバーサリーモデルって考えたらいいのかな。

で・・・

オレ、一応予約してしまった。
ちょっと遅れて・・・
10月22日の21時ぐらい。
ネットで。

まぁ、明日は無理だ、無理すぎる。

2週間以内・・・それも無理だろう・・・

11月中に来るかなぁ・・・来ないかなぁ・・・そんなところだと予想している。
それでも楽観的なんだろうな。

ま、来たら嬉しがってこのブログに書き込むと思うけど。

どうなんだろうなぁ・・・

2017年11月1日水曜日

聖地巡礼「イナバ化粧品」

B'zファンにとっての聖地。

まぁ、それは間違いなく「津山」。

稲葉さん出生の地である。

奇しくも今まで行ったことないオレ。
今回は直島からの帰りにちょっと遠回りして岡山県は津山、イナバ化粧品店に行ってきました。

まず津山に来るまで入り、どこどう走ったか・・・
とにかくナビを頼りに「イナバ化粧品店」の駐車場にたどり着きました。

あーはー
分かってたけど・・・いきなり稲葉さんらしきイラストがお出迎え。

イナバ化粧品店・・・攻め過ぎである。

そして外観だが・・・まぁ・・・
至って普通?
B'z資金で超豪華なお店・・・というわけではない。
むしろ質素。
なーんだ、普通の化粧品店じゃないか・・・と思ったが・・・

いや、
 至る所にB'zや稲葉さんソロのポスターが貼られている。
やはり・・・押している、攻めている。

さらに!
あぁ・・・稲葉さんらしき人のイラスト、再発見!
微妙なところだ・・・

そして、外でグズグズしていても始まらないので入店することに。

いざ、入店!!!

って・・・なかもB'z押し強いし、なんだったら稲葉さんの写真とかのコーナーあるし・・・
うわぁ・・・すげ・・・

でも、オレがこんなところにいて、いかにもB'zファンじゃないか・・・恥ずかしい!!!

と、思っていると・・・

「ゆっくり見ていってねー」

って・・・アレは!
聖母!!!!!稲葉母ではないか!!!!!!!

風貌でB'zファンと見破られたか。
そっからは、超フレンドリーな稲葉母に引っ張られ、ポスターやらアルバムの説明されたり、一緒に写真を撮ってもらったり。
店内はかなりの部分が写真OKだが、SNSやネット公開はNGなのだ。
だから、内部はアップしないけど沢山写真撮らせていただいた。

しかし、いいのか!?!?
こんなにフレンドリーで!!!
キリストにマリアあり、稲葉さんにこの母あり、だよ。
稲葉さん本人ではないにしても、アナタがいなかったらB'zが存在しないという、すごい人なのに。

いや、オレは全然嬉しいけど、なんか拍子抜けだなぁ。
もっと厳しい感じかと思ったので・・・
とっても楽しいいい経験になりました。

また来るよ、津山!
今日は時間がなかったけど、今度は時間たっぷり観光もかねて!!!

直島行ってきた(後編)

はい、直島二日目。
ホテルはベネッセ、ビーチの朝食。
あ、そこはパークと共通かな?いや、ベネッセ全体で共通かな?
結構良い感じのレストランなんだけどね、そこ当然ちゃぁ当然なんだけどビュッフェ形式。
しかもかなり質が良い。
こんなビュッフェ食べたの久しぶりかな?

そしてこのホテル、アートな作品が至る所に散りばめられている。
コレが廊下に。

昨日は暗くてよくわからなかったなぁ。
てか、このホテル見て回るだけで価値があるわ。
今度はオーバルに泊まりたい・・・

で、今日は本町方面に出て「町プロジェクト」を見に行こうかな・・・
と、相変わらずの雨。
移動はバス。
傘必須だが、当然のように直しまではいたるところで傘が借りられる。
ホテルでも、地中美術館でも。
その傘を持ってあるき回るわけだが。

まず「南寺」に行く。
これは必須である。
なぜなら南寺は昨日見た地中美術館の展示作品の一つ、「オープンフィールド」と対をなす作品だからだ。
そりゃ見なきゃここまで来た意味ないし、とりあえず行って見るわけだ。
ここが南寺。
当然中は撮影禁止。
当然なんだが・・・ここ南寺のアート作品はおそらく写真撮っても理解できないだろう。
あくまでも中で音立てるな、光出すもの(フラッシュとか)全般がNGなんだな。
いや・・・ほんと入って、真っ暗で。
うーん・・・ここはぜひ行ってほしい。
体感できるアート作品、と言ってしまえばチープなんだが。
いや、マジで・・・良かったよ。
結果とか作品とか、そういうのよりプロセスが大事。
コレ体験して何を感じるか・・・そういうのを大事にする空間だな。
そう、ここも空間だよ。

で、まぁ・・・ほぉ・・・なんとも。

ちょっと感動して出てきました。

そして直島は本町をウロウロ。
なんだろ・・・結構情緒豊かな町だな。

歩いているだけでも結構楽しいな。
そして、他にも幾つかの町家を周り・・・

お腹すいた・・・

そうだ、直島は香川県。
香川県といえばうどん!
車で走り回りながら2件ほどうどん屋を回ってみた。
(てか、2件しか見つけられなかった。)






まぁ絵に描いたような田舎のうどん屋さん。
味は・・・まぁ店それぞれだな。
美味しいと感じる店もあれば、普通かな・・・と思われる店もある。
って、2件しか無いからな。
コレ以上言っても仕方ないけど。

とにかく直島、楽しかったな。
台風来ていて天候は悪かったけど、それはそれで貴重な体験。
今度は晴れている日に来てみたいな。

と、少し早めに直島を後にしました。

ありがとー直島!またくるよ!!!

直島に行ってきた(前編)

直島に行ってきた。
天候はなんと台風!22号ですね・・・
こいつぁ・・・フェリーが出ないかも・・・っていうのも今回は車ごと直島にむこうと思っていたので。
む・・・
何とかフェリーは出そう。
っていうのも台風来ているはずが、風は穏やか、雨も降ってない。
どういうことだ?
まぁ、ラッキーなんだけどさ。
とりあえずフェリーは出るのです。

フェリーに乗り込むと・・・
お、意外と普通、てかキレイ。
なんかこういうところのフェリーって小汚い(失礼)イメージがあるので・・・
思いの外キレイで良い感じだった。
さて、船旅を堪能しようか・・・
と、思った瞬間、直島が見えてくる。
てか、近いもんなぁ。
フェリーで15分程度だから、車デッキから客席まで上がって、外見てたらもう着いちゃうんですよ。

で、お出迎えしてくれたのが、このカボチャ。
草間彌生さんの赤カボチャ。
もう・・・コレがアートだと言われてもサッパリわからん。
なんだったら中学校の時、学校の前の公園の中にあった滑り台付きのタコのほうが機能的には・・・
そう考えるアート心の全くないオレ・・・。

そんなオレだが、今回の第一目標は「地中美術館」
Wiki的には
地中美術館は、瀬戸内海に浮かぶ離島・直島にある香川県の登録博物館。運営は、公益財団法人福武財団。わずか3人の作家の作品を恒久展示し、個々の作品ごとに、作品を体感する建築空間を構成している。作品と建築・展示空間が一体となって切り離せないところに特徴がある。
ということなんだが。
いやぁ・・・オレが今まで行ってきた他の美術館と違って空間そのものが展示品とか・・・
そら良いですわ、地下だけに台風の影響も・・・まぁ、無くはないだろうけど、それほどでもないはず!
では、いざ!

と、地中美術館の近くの駐車場に車停めて歩く。
途中、モネ描こうとした光、自然を感じられるという場所が・・・
う・・・
流石にここはキツイ・・・台風の影響か、全体的に暗くてしょんぼりしている。
まぁ、こういうのも今日しか見られないからね。
天気のいいときの風景は、また来ればいいさ。

と、進むと・・・
あ、来た。
地中美術館だ。
入っていくと・・・室内の通路が暗い・・・
コレ・・・目がなれるまでキツイなぁ。
真っ暗で静かだよ。
こんな天候だから人が少ないんだろうなぁ。
コレはコレで雰囲気あって良い感じだわぁ、暗くて人少なくてゾクゾクする。

そして時々外に出つつ・・・いや、この空間も安藤忠雄さんによる建築アートなのか。
不思議な空間を感じながら進んでいく。
すると、まず目にするのがジェームズ・タレルのオープンフィールド。

不思議である。

白い壁の一部が開いていて、その奥にさらに不思議な空間がある。
そこに入っていくと・・・

あぁ・・・なんか四角い部屋にいるんだろうけど・・・
確かに・・・部屋の大きさが曖昧に見える。
と言うか、広がって見える。
部屋の四隅がとても曖昧なんだ。
何とも言えない感じだ・・・だまし絵的な視覚の錯覚を利用している・・・とは思うんだが、なんだろう・・・部屋の端を意識したくなくなるんだ。
広がってるはずなのに、部屋の中心にいたくなるんだよな。
不思議だ・・・

ま、ここは人数制限あり、時間制限もあるので、もうちょい居たかったけど退場することになった。

ああいう不思議な空間がVRで表現できないだろうか・・・
などと思いながら次へ進む。

お次は・・・
モネの絵を鑑賞する部屋。
いや、まぁ言ったらそれだけなんだけどね。
んーなんというか、自然光なんだよね。
空からの光を間接的に取り入れているんだ、この部屋。
空からの光・・・台風だからね。
少し薄暗い。
白い壁にモネの絵が浮いている感じだ。
もう少し光が強いとモネの絵の存在感が増すんだろうけど。
そりゃ、絵は大きいし存在感はあるんだけど、自然光で見るからね。
光の存在感もあるわけさ。
床も、円の形をした小さい白い大理石がびっしり埋め込まれている。
もうつるつるなんだけどね。
思わずしゃがんで触ってしまう。
ここ・・・モネの絵もすごいけど、それを含めて空間がすごい。


そしてお次が・・・ウォルター・デ・マリア"Time Timeless No Time"
なんというか・・・
形状を言うなら大きい部屋、階段、球が階段の途中にあって、壁には金色のオブジェが・・・
と、そういうふうになるのだが。
なんというか・・・これも空間が・・・どこを見たら良いのか、どこから見たら良いのか。
それでも中央の球体に目は行くんだけど・・・コレはなんだ・・・
階段の下から球体を見上げると、少し威圧的な雰囲気もあり、階段を登って上から見ると、球に球体が不安定に見える。
コレは、見る人によって感想はマチマチだろう。
しかし・・・はぁぁぁ・・・・なんか、すごい。

そういった感じの地中美術館だった。
台風・・・とかどうでも良くなるわ。
きっと晴れた日に行くと、また違うものが見られるんだろう。
それはそれで見てみたいけど、今日の薄明かりでぼぉっと白っぽい光が充満する美術館もすごく良いんだと思う。
薄暗く、それでいて光が白いし弱いので、とても・・・なんていうんだろう。
不思議で非現実的な光景だった。

いや、良かった。
また来よう。

そして、ベネッセのホテル「ビーチ」にチェックインする。

夕方・・・時間を待って、また地中美術館に行く。
今度はナイトプログラム「オープンスカイ」
これは、日没の45分、室内から空を見上げるイベントなんだ。
地中美術館に戻り、予約した人たちとオープンスカイへ向かう。
まぁ、プロセスはともかくだ。
真っ白い部屋が赤いライトによってたらされ、部屋の四隅に座り静かに、天井に開けられた大きな穴から空を見上げる。

あぁ・・・こんな色してたんだ・・・
周囲のライトの色も変わるし、空の色も、明るさも変化していく。
それをボォーっと眺める。
こういうのも悪くないのかもしれない。
こんなにも空を眺めていたことはない、まして色彩を意識して見上げることなんて・・・
大阪の夜空はこんな色じゃないんだろうなぁ・・・
滋賀はどうだろう・・・どうだったろう・・・覚えてないなぁ・・・

あ、終わった・・・
時間がきて我に返る。
あぁ、これもまた違う季節、天気のときに来てみたい・・・

と、またホテルに戻る。

一休みして・・・
暗くなってくるのを見計らって外を散策することに。
ラッキーなのか、まだ雨や風は大丈夫。

ベネッセのもう一つのホテル「ミュージアム」を見に行く。
こちらはホテルの中に現代アートの作品が並んでいて、ホテル滞在者は(滞在して無くても良いのかな?)は自由に見ることが出来る。
コレは入り口だけど。
いやぁ・・・こっちは現代アートって感じだね。
少し感じられるようなきがする。
割りと物質的なものが多く、見ごたえはある。

そして、ビーチに戻る時・・・

あ、もう一つのカボチャ!

海に突き出した埠頭に・・・ぽつんと・・・
いやぁ・・・地中美術館や、その他の現代アートを見た後で、少しは感性が鋭敏化しているはずのオレだが・・・
コレはわからなかった。
タコのすべり台と・・・まぁ、いいや。
そんな直島一日目。

直島っていいなぁ!

2017年10月27日金曜日

ウィッチャー3なかなか面白い

この前PS Storeで安くなっていたんでウィッチャー3ワイルドハント買ったんよ。
前評判があまりにもいいからね。

で、今週暇見つけてはやってたんだけど。

あぁ、まぁ面白いわ。

SkyRim系のゲームだとは思うんだけど、世論では少し違うという評判。
オープンワールドなのは一緒だけど、どうやら自由度より内容重視なゲームらしい。
確かに、少し進めてみてもわかるけどストーリが凝ってるわ。
サブクエのちょっとしたお使いでも結構深い話になっていたりする。
今のところ、単にモンスター倒すだけとか、お使い系でも預かったの物を持っていったら終わり、とかそういう単純なのはないな。

ローカライズもキッチリできていて日本で作ったゲームかよ!ぐらいのなじみっぷり。
不自然な日本語って今のところないかな。
海外のゲームをここまで日本語化出来るってすごいね。

グラフィックはまぁ・・・あんなもんじゃないかな?
一つひとつのオブジェクトとか、驚くほど綺麗!ってことはないけど、あの物量なら仕方ないかな。
あんだけの物を表示しているし、一つひとつクオリティは仕方ないよね。
むしろ、そのバランスが良いので、良い感じにまとまっているんだと思うよ。

一週間ほど買って遊んで、「損はない」と今のところ思える。
てか、年末まで遊べるんじゃないかな。

そして次はモンハンワールドかな?

2017年10月23日月曜日

ふたを開けると自民大勝利

2017年、衆議院解散総選挙の結果、自民党が勝利したわけか。
鳴り物入りで登場した希望の党とは何だったのだろう?

自民から離れた人が都知事になって、人気があるもんだから国政に打って出ようと思ってたけど、タイミングが悪くて本人は出れなくて、民進党の党員(とお金)を取り込んで打って出たものの・・・

ってなもんだろうなぁ。

いまいち何がしたい党かよくわからなかったもんな。
公約的には自民半分、民進半分って感じだったし。
その希望の党に民進から議員さん・・・?、とにかく立候補する人が流れ込んで・・・
でも、全員は行けなくて残った人は立憲民主党を作ってそっから立候補。
え・・・?
じゃぁ民進党は?
よくわかんね・・・

政党としては、民進党、希望の党、立憲民主党、とあるわけで。
これらの政党の政党交付金の使い道、所属議員、などなど明らかにしてほしいわけだが。
だって、民進党のお金を希望の党で使ってるとか笑えないし。
いくら法律上問題なくても、それこそ何のための政党交付金だよ!って話にならないの?
さすがにないだろうけど、共産党の政党交付金を自民党のために使ってもいいのかよ!って話だよ。
議員さんとかは良くても、有権者がよくないだろ。
アレも税金なわけだし。

解散総選挙をすると無駄な金がかかる!とか言ってたよね・・・
もちろん選挙費用もアレだが、今こそ民進党の政党交付金が無駄なわけで。

まぁ・・・そんなこんなでも、自民党の大勝なわけで。
少しばかり議席は減ったようだが、まぁ・・・選挙前の小池さん人気を考えれば十分に健闘した・・・いや勝利したようなもんだ。
安部さんの作戦勝ちだろね。

いいのか、わるいのか。


まぁ、結果として何も変わらないようだし・・・無駄な選挙だったな。

2017年10月22日日曜日

10周年!

そういやさ、このブログ。
書き始めてから10年経つんだなぁ。

昔は熱心に更新してたけど、最近は仕事とかいろいろで更新なかなか出来てないけど。

ちなみに、記念すべき第一投稿は「PlayStation3」か。
なぜにPS3??
自分でもアレだ・・・意味不明だが。

それにしてもオレが10年間何か同じことを続けられるってすごいなぁ・・・

ま、いつまで続けられるかわからないけど、ほそぼそとコレからも更新していきますんで・・・

よろしくお願い致します。

どうでもいいけど、グランツーリスモ スポーツの体験版やってたんだ・・・

どうでもいいけど、グランツーリスモ スポーツの体験版やってたんだ・・・
だいぶ前の話だね。

でさ、その時は動画アップしたの忘れてたんだけど。
今更思い出したので公開してみる。




赤いオープンカーがオレさ。
マナーの悪そうで下手くそな運転だ。
しかし、それでも一位に慣れてしまうほどオートは簡単だ。
グラはまぁまぁ・・・だよな。
ただいまどきコレぐらいのグラは珍しくないでしょ。

そして、コレは体験版なんだけど製品版を買うかと言われると、買わない!と即答できる。
なぜなら車種が面白くないからだ。

なんか高級な車ばっかり。
ラパンとかキャンバスとか、面白い軽自動車とかも入れてたら買ったのに。
まぁ、レースゲームだから仕方ないのかな?

それにしても・・・ツマラン。

なんか・・・コレぐらいのグラでリッジレーサー出ないかなぁ・・・

ハッピーハロウィン!

って・・・ハロウィンはオレにはあんまり関係ないけどさ。
After Effectsの練習素材にハロウィン使ったんだ。

まぁ・・・パーティキュラーでカスタムパーティクル使う練習のまとめ的な?

どうでもいいか・・・

2017年10月19日木曜日

iPhone6SとiPhone8とEOS6Dとくらべてみた

手元にiPhone6SとiPhone8とEOS6Dがある。
うーん・・・
そうだ!写真の画質を比べてみよう!!

と、思って二条城に出向き写真を取って比べてみよう。
あ・・・めんどくさいので写真は一枚ね。

では、さっそく。
以下三枚は現物をアップしている。
基本はデフォルトで撮っているが、EOS6Dはオートだととんでもなく明るくなってしまうので、マニュアルで撮った。
ちなみに、撮った場所は二条城でライトアップされているとは言え、周囲はかなりくらい。
デジカメには苦手な現場だ。

まずは・・・
一枚目、iPhone6S。
おぉ、よく写ってるね、思ったよりキレイ。
質感も残っているが、若干いろが浅いのかな?
アップしてみると・・・
見れないほどじゃないけど、ノイズがあるし平坦な感じに見える。


二枚目、iPhone8
なんかiPhone6Sより明るいね。立体感もあるし良い感じ細かい所のディテールも出てるよねぇ・・・と思いきや空も明るく若干不自然。アップしてみると・・・
色、浅!
ノイズも多いし、結構ディテールもいい加減なのかな?アップした所が悪いのかな?
なんか、iPhone6SとiPhone8ではカメラ性能が上がったというより、画像処理が変わったって感じ。
iPhone8は、パッと見はキレイだけどアップすると弱いなぁ・・・

三枚目、EOS6D。
画角が広く、ちょっと暗めだけど見た感じに近いのはコレかな?
画角が広いので比べにくいけど、一眼だからって言うほどのアドバンテージは感じないなぁ。
もう古いカメラだしなぁ・・・そこは仕方ないのか?
とりあえずアップしてみよう。
まぁ・・・流石に質感は一番いいね。ノイズも少ないしディテールの保持もいいレベルだね。
そりゃ、まぁ・・・もっとよく撮れなくもないんだろうけど。

で、結果!
どれもキレイ!!

と・・・まぁ、普通に個人仕様なら十分じゃね、どれも。
専門家じゃないんでしっかりしたことは言えないけど、どれもいいし、どれも物足りない。
もうちょいしっかり写ればなぁ。
まぁ、EOS6Dも、一眼って行っても5年前のカメラだし、iPhoneはどれだけすごいって言っても所詮はスマホだし。
あと、動画。
ここにはアップしないけど、動画は流石に一眼が良かったわ。

結局、写真に関しては思ったほど差がないなぁ・・・っていうのが感想。
強いて言うなら、iPhone6Sも悪くないんじゃない?って感じ。
あと、一眼はマニュアルが強いから撮りやすいってのはあるな。

しかし、まぁ・・・
昔に比べたら格段に良くなってる。
コレ以上の進化って、何か画像素子とかレンズとかの技術でブレイクスルーでもない限り求めたらダメなのかなぁ・・・って思ってしまうよ。

さぁ、後はiPhone Xに期待だねー!

2017年10月17日火曜日

ちょいと覚書

After Effectsの超有名プラグイン、「TrapCode Particular」

パーティクル系エフェクトのディファクトスタンダードなやつだ。
だから誰でも知ってると思うんだけど。
オレも一応使う時は使うっつーか、持ってるだけっつーか。

でね。
久しぶりに勉強しようと思って、チュートリアル見て短い動画作ったんだよ。
それがねぇ・・・
どうしてもうまくいかない。

どこがうまくいかないかって・・・

パーティクルのところのパーティクルタイプをスプライトにして、テクスチャーをスプリットクリップにした時だよ。

これ、別のコンポジションなんかを分割して独立したパーティクルアニメーションとして使うものだけど。

まずは失敗例

紙吹雪、よく見たら途中でちらついたり色が変わったりしている。

これは、パーティクルのところのパーティクルタイプをスプライトにして、テクスチャーをスプリットクリップにする時、素材用の当該コンポジションのデリュージョンをクリップ全体の長さぴったりに設定すると、何故かうまくいかず、クリップがちらつく。
(うわぁ・・・何書いてるかわかんねぇ・・・)

素材用の当該コンポジションが4クリップ(それぞれ2秒)で構成されている場合、2秒+2秒+2秒+2秒の計8秒がピッタリのデュレーションだとちらつくので、そういう時は1フレだけ空白フレームをつけて[0:00:08:01]として[OK]する。
クリップの合計時間にこの空白の1フレを設けると、クリップがうまく回るわけだ。

成功例

どうでしょうか?
あ・・・今度はパーティクルライフがデフォ設定のままで途中で消えていくやつがいる・・・
すません・・・それはまぁ・・・本題とは関係ないので・・・

まぁ・・・自分用の覚書だからひどく不親切な書きようだけど、まぁ・・・ゆるして。

寒いねぇ・・・

いやぁ・・・寒いねぇ。
マジで寒くなってきた。

ジャージで原チャ乗ってると、なんか身体が冷たくなってきて気がついたら手がかじかんでる。
気温自体、真冬!ってほどでも無いんだろうけど急に冷え込んだからかな?
身体がついてこなくて体感的に寒く感じるんだろうな。
このぶんだと気温が10度を下回るのも時間の問題か。

まぁ、そら10月も終わるしな。
11月になったらもう冬だよな。

やだねぇ・・・
てか、秋はどこいった?

2017年10月15日日曜日

マッサージに行った・・・

最近また腰が痛くなってきたのでマッサージに行ってみたんだ。

45分のリラックスコース。

でね、また言われた。
身体が固くなっていると。
特に背中。

たしかになぁ・・・
寝てても座ってても背中痛くなるからなぁ。

でさ、マッサージ終わったら楽になるんだ。
やっぱ・・・運動不足かね?

以前に比べれば運動している方だと思うんだけど。

逆に急に運動始めたので身体が悲鳴あげてるとか。

どうなんだろう?

2017年10月12日木曜日

いろいろありますわ・・・

疲れた・・・

なんかもう疲れた・・・

疲れた、疲れた。

時々意識がふわっとなる。

肩に力が入らない。

なんだか辛いわ・・・

寒くなってきたし。

なんだかなぁ・・・

いやいやいやいやいやいや

詳細はやめとく


いやぁ・・・なんか最近くさくね?

時々異臭するよね。

なんなんだろ?

なんか腐ってるのかな?

外かな?

なんだろ??

エアコンフィルター詰まってるんじゃね?

掃除しようか。

では・・・掃除機、雑巾・・・などなど。

うーん・・・まだ匂うな?

あ、こんなところから天井裏のぞけそう。

のぞいてみるか。

ふたパカ!

うげ!!!

ネ○○の死体が!!!

そら・・・におうわ・・・


・・・みんなで総力を挙げてかたずけました。

きもい・・・気持ちが落ちた・・・

なんか良い事・・・良い事ーーーー!!

2017年10月9日月曜日

そろそろヤバくなってきた。


愛車ラパンの走行距離が13万キロを超えている。

13万キロ・・・
結構走ったな。
軽で13万かぁ・・・どうかなぁ・・・ちょっとガンバってるよな。
そろそろ買い替えどきかなぁ・・・

でもなぁ、ラパンいい車だしなぁ。
ちっさくて、一生懸命走ってくれるし。
オレもかなり気に入ってるしなぁ。

13万キロ・・・

うーん・・・どうしよう・・・

流石に次の車検は厳しいなぁ。

買い替えどきか・・・
では、次の車はどうするか・・・またラパンか・・・新しくなってるしな。
それとも別メーカーか・・・

なやむなぁ。

2017年10月8日日曜日

スイス料理、アルピナさんに行ってみた。

さて・・・
信楽陶器市は楽しかったな、と。
307号線を下って京都に向かおうっと。

と・・・

あ・・・なんだあの店?

チーズフォンデュと手作りソーセージの店?
土・日・祝日のみ営業・・・

あ・・・コレは!
スイス料理のお店、「アルピナ」さんじゃないですか!!!
つーか、入ったこと無いけど、信楽から京都に下る際によく見たんだよ。
スイス料理の店って珍しいなぁ、と思っていたんだけど入る事なくて。
てか、開いているところ見たことなくて。

それが今、開いている!・・・っぽい!
時間は11時半ちょっと前だけど・・・
開いているっぽいし、良い感じなので外でちょっと待って入ってみることに。

・・・時間OK!!

で・・・おぉ!!
きれいな庭だ。
なんか、ホンワリしていて良い感じだなぁ。
で、ここで食うのかと思うと店の奥へ。

奥は少し暗めだが、いい雰囲気だ。
なんつーか、レトロな落ち着く感じ。

で、何くおうかなぁ・・・
オレ、スイス料理の知識とか無いし。
ここはおすすめのセットで行くか。
「☆アルピナスペシャル☆ Oh! My Swiss/オーマイスイス」
なんか浮かれた名前だな、オーマイスイス!

で、最初にやってきたのがパン。
コレをチーズにくぐらせて食べるんだよな。
ま、ここは普通だよな。

次にコンロがやってくる。
パンとコンロ。
そりゃもうフォンデュだもんね。
火がついてそうなんだけど、見えないなぁ。
でも確実に熱を感じるから火はついているんだろう。

で・・・来た!
チーズだ、コレで食えるぞ。

コンロの上にチーズが乗っかって・・・
お、グツグツしてきた。
やっぱチーズフォンデュはこうだよなぁ!

で、パンを一欠、チーズすくって。


お、ウマ!
んー!!!
なんだろ、チーズ美味しいなぁ。
よくあるとってもクセのあるチーズじゃなくて・・・
チーズ自体は美味しいけど、普通っぽいな。
コクと風味がちょうどいい。
そして、この隠し味・・・いや、全然隠れていないけど。
白ワインが結構効いているよな、すごいな、こういう組み合わせあるのか。
白ワインの風味とチーズのコク、味が丁度いいマリアージュだ。

美味しいよなぁ。
結構量多いけど、全然食べられる。

おっと、前菜もあったわ。

そして自家製ソーセージ。(と、さりげないスイス国旗)

なんだろう・・・
そのままっちゃぁ、そのままなんだけど。
ファミレスとかで食べる同等料理より味は抑えめ。
でも、人参は人参の味がちゃんとするし、ジャガイモもジャガイモの味がちゃんとする。
こういうの食べると、普段コンビニとかファミレスとかで食べる食材がいかに濃い味付けなのかよくわかる。

美味しいなぁ・・・
スッと入ってくる味だよ。
てか、スイス料理ってこういうのかぁ。
たまには良いよなぁ。

結構量もあるし、店内も良い感じだし、こんなヘンピな(失礼・・・)ところに、こんな店があるとはなぁ。
まさに隠れ家的な・・・って事だな。

さぁ、美味しかったし。
また京都に向かうとするか。